仮想通貨投資で稼ぐなら覚えておきたい3つのマインド

 

人間は、感情的になればなるほど冷静な判断ができなくなってしまいます。

 

仮想通貨投資で稼ぐなら、とにかく冷静に、データや理論に基づいた行動を徹底することが大切です。

 

ただ、いくら自分に「冷静になろう」と言い聞かせても、いざ仮想通貨が急騰したり、急落したりしたときに冷静でいられる人ばかりではありません。

 

常に冷静な自分で居続けるために役立つ、稼ぐマインドを紹介します。

 

マインド1.何のために稼ぎたいのかをはっきりさせておく

 

まずは、何のために稼ぐのかをはっきりさせておきましょう。“贅沢がしたい””一生働かずに暮らしたい”など、理由はなんでもいいです。明確な目標が必要です。

 

なぜなら、仮想通貨投資は、ほんの僅かな時間で通貨の価値が何倍にも大きくなったり、逆に暴落してしまったりする世界だからです。

 

普段自分は冷静だと思っている人でも、保有している資産が急騰したり暴落したりすると、狼狽するかもしれません。

 

誰だって、爆発的に値が上がっている仮想通貨を見つけたら手を出したくなってしまいますし、自分が持っている仮想通貨が暴落したらすぐ手放したくなりますよね。

 

そんなときに冷静さを保つコツは、「自分は何のために稼ぎたいのか」を事前にはっきりさせておくこと。

 

「何となく」で仮想通貨投資をはじめると、目の前の値動きに囚われやすくなります。

 

目標を達成するために、1年でどれくらいの利益が必要なのか。1ヶ月ではどれくらい利益が必要なのかを、冷静に計算できれば、目の前の急騰や暴落にのめり込んでしまうリスクを減らせるでしょう。

 

マインド2.負けたときこそ次の取引の糧にする

 

仮想通貨投資では、確実に勝ち続ける方法がありません。そこで重要になってくるのが、負け方です。

 

仮想通貨投資で損をしてしまったときこそ、「何故自分が負けてしまったのか」を徹底的に考えましょう。

 

運良く勝つことはありますが、理由もなく負けてしまう、損をしてしまうことは滅多にありません。なぜ損をしたのかを分析できれば、次回以降同じ理由で負ける可能性を少しでも防げますよね。

 

最初から最後まで投資で勝ち続けることはできないので、負けや損を糧にして長期的に少しずつ利益を出せるようにしましょう。

 

マインド3.自分の中でルールを決めて取引をする

 

「あのときこの通貨を仕込んでおけば良かった」「もう少し早く売っておけば大損しなくて済んだのに」といった後悔に引きずられると、冷静な判断ができません。

 

そこでおすすめしたいのが、売り時と買い時を自分なりにルール化して、どんなときでもルール通りに取引するというマインドです。

 

例えば、

 

  • 購入時より10%下がったら損切りする

 

  • 一気に20%上がったら利益を確定させる

 

といったようにルールを決めておけば、「もう少し上がるかも」「早く売らなきゃ」といった感情に振り回されることがなくなります。

 

仮想通貨で稼ぎたい人は自分の感情をコントロールしよう

 

仮想通貨投資では、冷静さや理論に基づいた行動を取れず、大衆心理に流されて取引した人が損をすることが多いです。情報が行き交うスピードも早く、選択の連続です。

 

そんな時に感情的な振る舞いは一銭の得にもなりません。

 

損することも当然あるでしょう。しかし、そこは打たれ負けない強さを持ちましょう。

 

そして、自分の負けたときは原因を分析。自ら導き出した自分の中のルールに従い、売りどきの迷いと後悔を減らしましょう。

 

仮想通貨について分からないことや相談事があればこちらのLINE@から連絡下さい😃
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です