仮想通貨で99%パスワードハッキングされなくなる超極秘の裏ワザ

 

仮想通貨のパスワードをハッキングされて資産を盗まれたという話をチラホラ耳にします。

 

仮想通貨は現実のお金と違って盗まれたら取り戻すことが難しいので、自分の手で守らなくてはいけません。

 

ここでは、仮想通貨で99%パスワードハッキングされなくなる超極秘の裏ワザを紹介します。

 

仮想通貨でパスワードハッキングされてしまう原因

 

ハッキングされてしまう原因は、ネットに繋がったオンラインな環境でパスワード(鍵)を管理しているからです。

 

以下のような媒介・媒体で仮想通貨のパスワードを保管している人は要注意。

 

  • ウェブサイト(管理サーバー)
  •  

  • パソコン
  •  

  • スマホやタブレットといったモバイル端末

 

仮想通貨のパスワードはネット上で入力される電子的なモノ(情報)であるため、ネットを介した脅威=ハッキングの標的となります。

 

つまり、オンラインな環境で仮想通貨のパスワードを管理していると、ハッキングされるリスクが高いということです。

 

【超極秘】99%パスワードハッキングされなくなる裏技

 

先に言っておきますが、紙に書き記して保管するという方法は、経年劣化や湿気・火気に弱いのでおすすめできません。誰でも思い付く正攻法ですしね。

 

では、どうすれば良いのか。答えは単純です。

 

パスワードをオフラインで管理して、使う必要があるときだけオンラインに戻せば良いのです。

 

具体的には、Ledger Nano Sというハードウェアウォレットでパスワードを管理する方法になります。


 

【Ledger Nano Sの概要】

 

  • 対応通貨:BTC、ETH、LTC、XRPなどトークン含め全27種以上
  •  

  • 公式価格/正規代理店価格:79ユーロ/15,800円
  •  

  • 付与機能:PINコード、マルチカレンシー、リカバリーフレーズ

 

Ledge Nano Sは、ネットに繋がっていないオフラインな環境で仮想通貨のパスワードを管理できるハードウェアウォレットなので、99%ハッキングされません。

 

残り1%のリスクは、PCに接続してウォレットから仮想通貨の情報をオンライン環境へ解凍するときに限られます。そのため、ハッキングされる確率は極めて低いといえます。

 

さらにデバイスを紛失、または壊してしまった際は、リカバリーフレーズによって元のデータを他のデバイスへ同期して復元可能です。

 

便利すぎですね笑

 

仮想通貨保有者であれば100%買うべきです。

 

仮想通貨のパスワードは絶対オフラインで管理すべき

 

Ledger Nano Sなどのオフラインなウォレットで仮想通貨のパスワードを管理していないトレーダーとは、例えるなら、大金を財布に入れず素手で持ち歩いているようなもの。

 

ハッカーにいつ奪われてもおかしくない危険な状態です。ハッキングされて資産を失わないためにも、絶対1つは導入しましょう。

 

ただし、安いからといってフリマアプリやオークションサイトといった正規ルート以外で購入するのはNG。

 

あらかじめ、ウォレットに入れたパスワードを盗み取る不正なプログラムが仕掛けられている可能性があるからです。

 

仮想通貨のパスワードを安全に管理するために購入したLedger Nano Sで資産を失ってしまっては元も子もありません笑

 

必ずこちらの公式サイトから購入しましょう。


 

仮想通貨について分からないことや相談事があればこちらのLINE@から連絡下さい😃
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です