仮想通貨で本当に儲かるのが「これから」の2つの理由

 

仮想通貨元年と持て囃されて「億り人」トレーダーを輩出した2017年はもう過去のものですが、仮想通貨市場はまだこれからも伸び代があります。

 

一部の聡明なトレーダーたちは仮想通貨で本当に儲かるのはまだ先だと思っているでしょう。

 

なぜ、仮想通貨で本当に儲かるのが「これから」なのか。

 

その理由を2つ解説します。

 

1.本当の仮想通貨バブルはまだ来ていない

 

2017年の年末から翌年の年始頃まで続いた俗に言う「仮想通貨バブル」は本当のバブルではありません。

 

本当の仮想通貨バブルが来るのはまだ「これから」なんです。

 

あれくらいでバブルと言っている人は先が思いやられますね。

 

仮想通貨バブルがまだ来ていない理由は下記の3つです。

 

  1. バブルと持て囃された期間内、2017年における仮想通貨全体の時価総額はピークで約89兆円
  2.  

  3. 仮想通貨市場全体の時価総額ピークに対して、同年度における世界の株式時価総額ランキングで第3位だった日本の株式市場は680兆円超え。
  4.  

  5. 世界で第3位の日本株式市場ですら、仮想通貨市場全体のピーク時における時価総額を軽く7倍も上回っている。

 

日本に限らず世界の株式市場全体を合計した場合で比べてみると、仮想通貨全体の時価総額がいかに小さい値であるか、これは想像に難くないでしょう。

 

今の仮想通貨市場は人間で例えるなら、まだ赤ちゃんがハイハイできるようになったばかりの状態です。

 

自分の足の力だけで立ち上がって二足歩行できるようになるのは「これから」で、その瞬間こそが真のバブル到来です。

 

私は、とある無料で配信されるメルマガをもとに真の仮想通貨真バブルを予測していますが、今回は特別に有益な情報の仕入先であるメルマガをシェアしたいと思います。

 

こちらがそのメルマガへのリンク先です。

 

仮想通貨のバブルを予測するのは一見難しく感じられるかもしれません。

 

しかし、こちらのメルマガで配信される有益な情報を活用すれば仮想通貨市場の動向がある程度予測できます。

 

2.ブロックチェーン技術が有能すぎる

 

仮想通貨の心臓部とも言えるブロックチェーン。

 

ブロックチェーンは従来の取引情報管理モデルと比べて低コストかつ高セキュリティな技術であり、国内外の大手企業がこぞって実証実験を推し進めている画期的な技術です。

 

ブロックチェーンの実証実験を行う国内の企業をいくつか紹介します。

 

  • 三井住友海上火災保険
  •  

  • 日本銀行
  •  

  • 近鉄グループホールディングス
  •  

  • NTTデータ

 

実証実験をパスして実際に各企業で本格的な導入・運用が始まり、ブロックチェーン技術の有能さが世界で広まるに比例して、仮想通貨市場はますますヒートアップします。

 

ブロックチェーンという技術が失われない限り、仮想通貨市場の価値がゼロになることはありませんからね。

 

仮想通貨のブームはもう終わったなんて見当ハズレな意見を述べる人もいますが、ハッキングや規制といったバッドニュースが続く中でも仮想通貨は一定の市場価値を保っており、今日も世界中のトレーダーによって取引が行われています。

 

この現状のどこが終わっているのでしょうか笑

 

間違った情報を鵜呑みにすると、仮想通貨投資でどんどん後手に回ってしまいます。

 

これからの仮想通貨投資で先手を打つためには、仕入れた情報が間違っているかどうかを判断できる術が必要なのです。

 

もちろん、仕入れた情報の大元を1つずつ辿っていくなんて方法はナンセンスです。

 

私自身は間違った悪質な投資情報をいち早く知る術がありますので、悪質な投資情報を見つけては日々高みの見物をしています。

 

その術とは、とあるメルマガ配信サービスに書かれている内容を定期的にチェックすることです。

 

こちらがそのメルマガへのリンク先です。

 

こちらのメルマガは投資について見聞のない人間を食い物にしようと企む悪質な投資情報を調査&リークしています。

 

さらに過去に配信されたレポートも遡って読めるので、怪しいと思った投資情報はこちらを活用してチェックすることをおすすめします。

 

購読は無料、つまり元手ゼロでハイリターンです笑

 

仮想通貨について分からないことや相談事があればこちらのLINE@から連絡下さい。

 

仮想通貨について分からないことや相談事があればこちらのLINE@から連絡下さい😃

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です